スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンジャミンフルフォードのブログより

01/05/2010
2009年最後の日に欧米でブルームーン、アジアでは新年にブルームーン
2009年12月21日に複数の国からシャーマンなどが集まり、フィリピンの聖なる湖で儀式を行った。その日はとても酷い雨が降っていた。しかし儀式が始まった瞬間その真上だけ雨が上がり青空になった。そしてその青空の真ん中から新月が見えた。その周りは全て雨が降っていた。

その後とても不思議で縁起の良いことが年末から元旦にかけて起きた。欧米では12月31日にブルームーンが観測された。ブルームーンとは同じ月に二回の満月があるという意味であり、2.5年に一回起きる縁起の良い現象だそうだ。一年の最後の日に満月が観測されるのは大体20年に一度。そして2009年の最後の日は欧米でブルームーン、アジアでは2010年の最初の日に連続ブルームーンが見られたのは極めて稀である。数百もしくは数千年に一度しかない出来事であろう。2010年の最初の数分間東京の空の真上でブルームーンが見えた。私は論理と科学の教育を受けたが、そんなことより「虎」の年である2010年がとても縁起の良い始まりをしたとしか思えない。

また複数の信頼出来る国内外の情報によると、とても良い知らせが近いうちに発表される。早くて今月中だという。実際に起きるまでは半信半疑でいるが、ここまで楽観的な気持ちになったのは久しぶりだ。全ての人類にとって幸多い素晴らしい年になりますように!

Two blue moons in a row,one New Year’s Eve in the West and one on New Year’s day in the East

On December 21st 2009, a group of shamans held a ceremony by a lake in the Philippines. Whatever the case, there was heavy rain and thick cloud cover as the group headed to the lake for a ceremony to mark a change in how Western civilization behaves. When we arrived at the lake suddenly an area of blue sky appeared immediately above us. All around there was still heavy cloud cover and rain. However, directly over our heads, in the middle of the circle of blue sky there was a new moon. Then on New Year’s Eve, the world experienced an unheralded but precious event, a blue moon on New Year’s eve in the West and a second blue moon on New Year’s Day in Asia. A blue moon means a second full moon in one month. A full moon on New Year’s Eve happens only once in every two decades or so. Two blue moons in a row at the turn of the decade and the year has probably not happened for centuries or longer. Thus, although I have been trained in science and skepticism, I believe we have had a very auspicious beginning to 2010, the Year of the Tiger.

Furthermore, multiple reliable sources both in Asia and the West are reporting major happy changes happening soon, possibly this week or this month. We are more hopeful than we have been in a long time but, we will believe it when we see it.


スポンサーサイト

ふるやの森より

Greetings, This is Ashtar.
こんにちは、アシュタルです。
The Galactic Federation has been finalizing the details for Worldwide Mass Decloakings.
銀河連邦は世界規模のデクローキングの最終的なツメに入りました。
When it happens there will be celebrating on every country on Earth. It is hard to imagine the magnitude of it.
デクローキングの実現は世界のすべての国で祝われるイベントになります。その規模は測り知ることができません。
There will be televised broadcasts of those who are double agents now, coming out to say We Did This!
国際テレビ中継で、今はダブルエイジェントとして活動している人物が世界にメッセージを送ります。「やったぞ!We Did This!」
There will not only be Mother Ships and their Shuttles seen in the sky, but also new technologies not before revealed.
マザーシップとそれに同伴するシャトルが空に現れるだけではなく、これまで知られていなかった新しいテクノロジーが公開されます。
We will then pause a few days for Announcements so everyone can get a clear understanding of what has just happened.
それから数日にわたって私たちは公示(アナウスメント)を行って、誰もが起きていることを理解できるようにします。
Have you taken in and thought about what this change will mean in your own life? Be prepared for that now.
このイベントで皆さんの生活がどう変わるかを思い浮かべることができますか?今からぜひその心構えをしておいてください。
After you have wiped away the tears of joy, tears of release, then what will you do?
喜びと解放感の涙をぬぐった後で皆さんは何をしますか?
Think about the Spiritual Service you came to Earth To Do.
皆さんが地球に生まれてしようとしていたスピリチュアルな奉仕を思い出してください。
You all Have A Mission. This Mission evolves around selfless service to others. It is the reason you are on Earth now.
皆さんのすべては使命を持って生まれてきています。この使命は他者への無償の奉仕を含んでいるのです。そのために皆さんは今地球にいるのです。
Imagine, in a week or so, you have all the abundance necessary to carry out the Biggest Dream you can Imagine.
創造してください。あと一週間かそのくらいで皆さんの思い浮かべる限りの大きな夢をかなえる資金が皆さんに提供されるのです。
There was a television show like this. The Teams were to give away as much money possible. It wasn’t easy to do.
同じようにテレビ放送で公示と説明が行われます。チームは可能な限りの資金提供を準備してきました。それは困難なプロセスでもありました。
What if St Germain walked up to you and gave you a Million dollars? What if he said he would pay you that, only if you can give away 1 Million dollars in the next 1 hour? Could you do it? Who would you give it to? For what reason?
サン・ジェルマン伯爵が皆さんのところへ来て莫大な資金を与えたら皆さんはどうしますか?次の1時間で百万ドルを放出する条件でその資金を提供すると言われたらどうしますか?皆さんはそれができますか?あなたは何に資金を提供しますか?その理由は何ですか?
What if you wanted to give it to Animals, or the Sea?
動物達や海に資金を提供するのはどうですか?
How would you figure out who to call? Begin imagining your own personal scenario now.
誰に資金を提供するか考えつきますか?今から自分のシナリオを考えておいてください。
Dream Big Dreams because there are none that are impossible now.
大きな夢を描いてください。もはや皆さんには不可能がないからです。
The only clue I will give you is, Make It Fun!!
一つだけ私が与えるヒントは・・楽しんでください!
Spark Your Joy! Only by Selfless Service, Through Love will you find these answers.
喜びに満ちてください。無償の愛だけを・・愛だけを通して皆さんの答えが見つかるでしょう。
It will no longer be about surviving, it will be about LOVING. There will be no more fighting over things.
もはや生き残ることを考えなくてもよいのです。愛することだけを考えてください。何かに対する戦いはもう終わったのですから・・
There is enough abundance for Everyone!
すべての人々に限りない豊かさが提供されます!
Love Each Other.
互いに愛し合ってください。
We will immediately show you how to travel in your own craft.
私たちはすぐにスペースシップの操作方法を皆さんに教えます。
Begin to imagine where it is possible to go now.
どこに飛行するかを考えておいてください。
You no longer need to be the Grid Keepers.
皆さんはもうグリッドキーパーである必要がないのです。
You are free to move about at will, to fulfill your dreams.
皆さんは自由に好きな場所に移動して自分の夢を実現できるのです。
How did that change your Vision of a Dream?
それは皆さんの夢をどう変えますか?
There are absolutely no limits now.
もう限界は完全になくなったのです。
Be In Joy!
喜びを味わってください!
Your Family is Here and We will Be Joining You and we will Dream into Manifestation a New Earth now.
皆さんのファミリーがここにいて、共に新しい地球の誕生を祝う準備をしているのですから・・
Blessings,
~Ashtar
おめでとう、アシュタル。
Ashtar: Dream Big Dreams

フォトンベルト?

太陽系全体に起きている温暖化は星間雲の高エネルギー帯(フォトンベルト?)に突入したことが原因  ヤスの備忘録より

 【NASAの研究者の画期的な論文 12月24日、NASAの研究者は著名なネイチャー誌に論文を発表し、現在太陽圏の縁を飛行しているボイエジャー1号と2号が送信したデータの分析結果から見て、いま太陽系は強い磁場をもつ星間雲に突入しつつあるとした。ところで、ロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士は銀河系の軌道上にある太陽系がエネルギーの強い星間雲の中に突入しつつあり、それが太陽系全体が温暖化しつつある原因であるとしていた。以前に書いた記事だが、再度引用する。
現在、太陽系の惑星すべてのエネルギーが高まってる状態にあるといわれている。「2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉 ローレンス E.ジョセフ 著 」、ならびにロシア、シベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が発表した論文「PLANETOPHYSICAL STATE OF THE EARTH AND LIFE」などによると、以下のような現象が太陽系内の惑星で観察されているという。

火星では大気の厚みが増し、NASAの予想よりも約2倍濃くなっている。このため、1997年にはマースオブザーバーのバックアップ機の一つが厚い大気に阻まれクラッシュした。さらに、これと同様のことが木星、天王星、海王星でも起きている。また、火星の北極に存在が確認されている氷の塊が早いスピードで溶けている。温暖化現象は火星でも発生している。
金星の明るさは増大している。木星のエネルギーは明らかに増加しており、木星の月のイオと木星を結ぶイオン化した放射能のチューブが見えるようになった。天王星と海王星の明るさも増大している。
木星の磁場の強さは2倍になっており、天王星や海王星でも磁場の同じような増大が見られる。
天王星と海王星でポールシフトが起きた。ボイジャー2号が二つの惑星を通過したときの計測では、北極と南極が地軸に対して約50度ほどずれていた。
こうした変化は、2億6千万年の周期で天の川銀河を蛇行しながら公転している太陽系が、天の川銀河が宇宙の塵が集積してエネルギーレベルの高い地帯へと進入し、そのため膨大なプラズマエネルギーが太陽圏に進入していることによると考えられている。これは以前にこのブログで紹介したシベリア科学アカデミーのアレクセイ・デミートリエフ博士が詳しい。博士は次のように言う。
「太陽活動が盛んになっているのは、星間のエネルギー雲のなかへ移動するにつれて、われわれが経験している物質、エネルギー、情報の流れが増加しており、それがじかに反映された結果なのだ。太陽には新たな要求が課せられており、われわれはこうした要求が地球におよぼす衝撃を経験しているのだ。」
また、クリフ・ハイがALTA報告書で何度も書いているように、太陽系が銀河面を通過しつつあり、それにしたがって太陽系全体が銀河面の強い重力場によって圧縮されることが原因なのかもしれない。いずれにせよこれらの説は、太陽系の惑星が活性化している原因が太陽系の外部から入ってくるエネルギーにあるとしている点では共通している。

12月24日、ネイチャー誌でこれまで物理学者が存在不可能としていた星間雲が実際に存在していることが、NASAの人工衛星ボイジャーによって確認されたことを発表した。
NASAの太陽圏の客員研究員であるジョージメイソン大学のメラフ・オファー博士によると、強力な磁場を太陽系のすぐ外側に発見し、この磁場によってこれまで存在することが不可能とされてきた星間雲が一つにまとめられているとした。これは将来太陽系が銀河系の他の星間雲に突入する可能性があることを示している。
いま太陽系が突入しつつある地帯は、天文学者が「局所的星間雲」ないした通称「近傍のふわふわとしたエリア」と呼ぶものである。それは幅が30光年あり、6000度の水素およびヘリューム原子でできているという。この星間雲の存在は謎だとされていた。それというのも約1億年前、近くで超新星の固まりの一つが爆発し、100万度を越えるガスのバブルのような固まりができたからである。星間雲は強烈な圧力をもつこのガスのバブルによって完全に包囲されており、これによって完全に押し潰されるか、または分散させらてしまうと考えられていたからである。なぜなら、星間雲の密度と温度では周囲のガスのバブルの圧力には耐えられないからである。
にもかかわらず、星間雲が存在できることをボイジャーが発見したのである。オファー博士によると、星間雲の磁場は4から5マイクロガウスあり、磁場のため星間雲が存在するだけの内部の強度が確保されたとしている。

NASAのボイジャー1号と2号はこの30年間太陽系の外に出る飛行を続けており、現在は冥王星の軌道の外側にいる。星間雲に接近しているが、まだ雲には到着していない。オファー博士によると「ボイジャーは星間雲にはまだ突入していないものの、非常に接近しておりこの雲がどのよなものなのか観測可能になっている」という。
太陽系は、太陽から発生する太陽風によって大きく広まり、幅100億キロある太陽圏によって、太陽系の外から降り注ぐ有害な宇宙線や星間雲などから保護されている。いまボイジャーは、星間ガスによって太陽風の流れが遅くなっている太陽圏の境界付近を飛行している。ボイジャー1号は2004年12月に、そしてボイジャー2号は3年後の2007年8月20日にそれぞれ太陽圏に到達した。これが今回の発見を可能にした。

ロシアのシベリア科学アカデミーに所属するアレクセイ・デミートリエフ博士は、1998年に「地球と生命の惑星物理学的状態」という画期的な論文を発表し、その中で太陽系全体が活性化している理由は、太陽系がエネルギーの凝集した星間空間に入ったことであるとしている。『2012地球大異変』から引用する。
「太陽系は天の川銀河(銀河系)のなかを不明確な軌道を輝いて動いており、かたや銀河系も宇宙のなかをどこへともなく移動している。太陽系が実際におそらくは好ましくない新たな環境へと移動している可能性については、これまで誰も言及してこなかった。やがてそうなるのは理の当然なのだが。星間空間が一様に暗く、冷たく、何もない場所でありつづける保証はないのである。いま、ドミートリエフはこの太陽圏が難所に差しかかったと説明する。具体的に言うと、水素、ヘリウム、ヒドロキシラジカル(水素原子が酸素原子と単結合したもの)、およびその他の元素や化合物などを含む磁気をおびた細長い帯や溝だ。つまり、おそらくは爆発した星の残骸である、宇宙のゴミだ」
太陽は大量の太陽風を放出している。太陽風の届く範囲を太陽圏、または太陽系圏、ヘリオスフィア などと呼ぶが、太陽系がエネルギーが充満した星間空間に入ると、強大な衝撃波が発生するという。
「水を押し分けて進む船をはじめ、ほかの媒体を通過するものはなんでもそうだが、太陽圏も星間空間の粒子をかきわける際に、その前方に衝撃波を生みだした。衝撃波は、太陽圏がこの宇宙の高密度領域に入るにつれて、大きく激しいものになった。ドミートリエフは太陽圏の衝撃彼が10倍ほどに増大して、三ないし4AUから」40AU以上になったと見積もる(AUはアストロノミカルユニツト天文単位のことで、1AUは地球と太陽の距離、約1億5000万キロメートル)。」(前掲書)
そして、「この衝撃波の増大は境界面でひそかに反応し合うプラズマを形成させ、それが太陽系の周囲でプラズマの過剰放出につながり、やがて惑星間の領域にもなだれ込んでくるようになる。このなだれ込みは、星間空間から太陽系に向けられた一種の物質とエネルギーの贈与からなる」と、ドミートリエフは議論を呼ぶ研究論文「地球と生命の惑星物理学的状態」のなかで書いている。この結果、「結果的に、惑星間の領域に大量のエネルギーが投入され、太陽を揺すぶって不安定な行動をとらせ、地磁気を弱め、ぼくらの惑星が経験している地球温暖化を激化させている可能性があるのだ」ということだ。(前掲書)

デミートリエフ博士ははっきりと述べる。「太陽活動が盛んになっているのは、星間のエネルギー雲のなかへ移動するにつれて、われわれが経験している物質、エネルギー、情報の流れが増加しており、それがじかに反映された結果なのだ。太陽には新たな要求が課せられており、われわれはこうした要求が地球におよぼす衝撃を経験しているのだ」(前掲書)
そして以下のような結論を下す。
「地球とその近辺の宇宙の双方に関連した、この恐ろしい現象[衝撃波]に関しては、完全に明白で、かつ信頼にたる兆候がある。(中略)われわれにとって本当に重要なのは、それらを理解して受け入れ、生き残ろうと努力することだ」

WebBotの該当部分を引用する。1309パート5詳細要約、2009年4月14日配信、予言解説書7所収
・2012 年に発生する問題との関連が深いデータが存在する。いま太陽系全体が銀河系の磁場によって圧縮された状態にあるが、それは太陽と地球が、古代マヤ人がフナブ・クーと名づけた銀河中心と直列する
2012 年12 月21 日には最大の状態に達する。
・その影響は甚大である。太陽活動が弱くなったり、火山活動がいっせいに活発となったり、また急な頭痛や多くの人間の急死、さらに動物の集団死などが相次ぐ。人間の死亡率の上昇と動物の大量死が同じ原因で起こっていることが理解されるのには時間がかかる。
・ 2012 年の春分の日を過ぎるころには太陽活動は異常になり危機的な状態に達する。しかしながらこれは2013 年に発生する危機とは比べるとまだ序の口である。銀河中心(フナブ・クー)との直列までは銀河系の磁場によって太陽系が圧迫された状態だったが、この時期を過ぎると磁場による圧迫が急に緩和されるため、抑えられていた太陽の本来の活動が急に高まり異常な水準に達するのである。つまり、2012 年初旬には太陽活動の異常が発生するが、2013 年の春分には、磁場の圧迫が緩和されるので太陽活動がさらに異常になることだ。これがどういう現象なのかパート6に詳しく説明される。

「来るべき未来の形」0 巻1号、2009年7月20日配信、予言解説書10所収
・ 地磁気の異常の基本的な原因は、太陽系全体が天の川銀河の赤道平面を通過しているからである。この通過が完了するのに20年かかる。天の川銀河のこの地帯は大変に磁気が強く、太陽系全体が圧縮されたような状態となる。
・ 地磁気の異常は、海流と気流の異常となって現れる。これは異常気象の原因となるが、それは2009年末から次第に現れて主要メディアなどでも取り上げられるようになるが、2010年にはさらに本格化する。多くの場合、これは暴風を引き起こす。これは世界の民衆のカテゴリーにもはっきりと現れている。
・ 2019年までの10年間には、月の位置が変わったり、肉眼でも確認できるほどの巨大な物体が太陽系に捕らえられたりというような、実にショッキングな現象が相次ぐ。
・ 一方地球上では、新しい陸地の隆起や既存の陸地の沈下、また陸地の位置が変化するような現象が相次ぐ。
・ こうした中でも最大の被害を出すのは、北極から南極へと向けて発生する巨大な津波である。この津波は発生後12時間で南極に到達する。これは遅くとも2011年に起こる見込みである。
・ 津波の原因は、北極の巨大な氷床が分離し、約10マイルほどの規模の巨大な湖ができることにある。津波の最大の被害を受けるのはアフリカ沿岸とアメリカの東南部である。津波が南極に到達すると、シベリア、アラスカ、そしてカナダ北部に被害が出る。そして南極に到達後数日で発生する引き波で、北部ヨーロッパのスコットランド、アイルランド、フィンランド、そしてロシア北部が被害を受ける。

テーマ :
ジャンル :

大天使メタトロン

大天使メタトロン、チティベロン経由
Archangel Metatron via J Tyberonn

12 月21日の冬至は個人的な回顧と解放として特別に構築された。皆さんの2009年という年に11月11日、12月12日という2重日付のスターゲートとなる三対の入り口の通路が完成したことを意味する。解放と回顧が必要となる。完全無欠の完璧性は‘自己愛’を必要とするため、解放と回顧が必須となる。

指導者達、高位の次元上昇が秒読み段階にある今、周波数上の特殊な窓を開く日付が存在している。2012年12月21日に先立つ3年間で最も重要となるのが昼夜平分点(春分、秋分)、至点(夏至、冬至)、3重の日付、日蝕と月蝕の全位相となる。2010年、2011、そして2012年に偏在する昼夜平分時のエネルギーは、立体映像的通路を通して偏在的かつ時間を超越して注入される。

皆さんの存在を神聖なものとして自己を愛するためには、単純に皆さん自身の心を論理構成として用いること。回顧は、皆さんの啓発の小道に対する足掛りとしてもう役立つことはない。無価値な存在などではい。次に、意志と献身によりそのエネルギーを解放する。そして、皆さんが達成してきたことや諸能力を列挙して行く。皆さんの宗教的文章には“汝自身のように汝の隣人を愛せ”というものがある。我々は皆さんに、“皆さんが皆さんの隣人を愛するように、皆さん自身を愛しなさい”と伝える。それは、こうした啓発の小道では余りにもしばしば“原罪”という宗教的信念が植付けられ、内面の善を無視してきたからだ。真実は、皆さんが真に自分自身を愛するまで、皆さんは他者を愛することはできない。

皆さんが純粋に愛情溢れる承認を抱くまで、神聖な存在として皆さん自身の統合性と重要性を抱くまで、真の自己愛は出現しない。それにもかかわらず皆さんの多くが誤って自らの誇りを傲慢や不遜と考えてしまう。親愛なる皆さん、真の謙虚さとは皆さん自身に対する愛ある敬意からのみ湧き出ることが可能であり、すべての他者という存在もまた、自尊心が必要とするこの生来の否定できない人格を持って世界で生きているという理解と結びついたものなのです。

必ず直面することになる、この認識し解放すべき二元性の中に、皆さんの内面にこうした状況が存在している。当然の成行きとして!しかし、二元性の試練を理解することで、実際に皆さんは刺激されてより偉大な純粋性に向うことになる。この過程において、自己愛は皆さんの全存在を統合する浄化の中心となる。このため、我々は皆さんに伝える。2009年の冬至はこの過程において皆さんを独自に支援することを可能にするものである、と。

皆さんは冬至の正確な時間に回顧を実施する必要はない。実際、入り口の開放と至点と昼夜平分点のエネルギーは頂点から72時間前に始まり、また頂点から72時間残存することになる。この6日間を利用すれば良い。

量子的至点および昼夜平分点の通路
Quantum Solstice & Equinoxial Gateways

次元上昇までの秒読み段階となっているこれからの至点と昼夜平分点は、直線的時系列にも現在の皆さんの時空枠内の次元的な接近制限にも束縛されない。また、皆さんの惑星の多くの領域は既に5次元に入っていると伝えてきたため、次元上昇に先立つ3年間の昼夜平分点の間、より高次の次元性にむけた閾値はより広く開かれている。そうなるため、12次元からの固有の入り口は2010年3月20日に明らかになる宇宙的トリガーの結晶構造の覚醒を通して可能となる、と我々は皆さんに伝えておく。実際、それは新しい地球にとって強制的な必須の苦難となって現われる。

2010年、2011年、2012年の3 重の日付と先述した天文学上の出来事は、以前の年に較べて指数関数的により強力なものとなる。それぞれが、稀有な解放を利用して、微視的および巨視的な次元上昇に必要となる強力な符号化されたエネルギーの受信と取り込みを促進するように設計されている。

こうした入り口を認識し活用しなければならない。我々は皆さんに、強制的に、力の結節点、螺旋状態の入り口の複合体、そしてこうした周波数上の入り口にある神聖な場所を訪れるようにさせる。集合的な祭式および集団の式典に集うこと。そうすることで皆さんは、複合宇宙から寄せられる、変形を促す結晶構造の光の波を受け、また送る事になるだろう。その波は皆さんが想像できる以上に大きく、遥か遠くにまで到達するだろう。それは結合した統合、燦爛たる統一的調和であり、皆さんの地球とそれを超えたものを変換させることになる。それは常にそのようになっている。

わたしはメタトロン、そしてこの真実を皆さんと分かち合う。その通りに。
I am Metatron, and I share with you these Truths. And so it is.”

大天使メタトロン
Archangel Metatron
A Solstice Message From Archangel Metatron

宇宙司令官からのメッセージ

サ・ルー・サ12/23 二元性の旅の最終章へ

親愛なる皆さん。私たちからは、皆さんは物理的次元にあるエネルギーの流れに見えます。そのエネルギーのそれぞれが急速に変化をしていて互いに接近し合い、地球に調和と平和をもたらすバランスを創り出しています。変化はすでに臨界点に達してアセンションに進む最終段階に入っています。皆さんの進歩はめざましく、もはやアセンションのプロセスを止めるものはなく、必ずそれは成功することになります。ますます多くの皆さんが不確かな状態から抜け出して終末の時代が皆さんの上昇を実現することに気づいています。この変化がすべての人々の幸福につながることを理解しているなら、変化の理由については考える必要はありません。多くの皆さんが周りで起きていることが望ましくない、最も関心を寄せることではないと感じているのも確かだと思います。それでも、紛争を終わらせる要望が高まって世界平和のために活動する指導者が毎日増えているのです。それは無視することのできないエネルギーの変化です。それは新しいエネルギーを創造する人々のパワーの一例なのです。

今年1年を振り返ると、この短い期間に皆さんが成し遂げた進歩に感銘を覚えます。それは皆さんが光に大きく反応した証なのです。多くの皆さんが地球上での生活が困難になっていると感じているにもかかわらず、闇の勢力の支配が終わるのを知って力づけられているはずです。さらに皆さんは直感的に、この変化が災害をもたらさないこと、そして新しい地球が誕生するために必要な浄化のプロセスであることを理解しているはずです。そのことをしっかり理解できていれば、世界的に重要なイベントが新しい方向性を示すまでのこれからの変化に対応していくことができます。新しい方向性が明確になれば、皆さんの多くが行動に向かうことになります。今が皆さんの待ち望んできた時なのです。地球が本来の美しさを取り戻すために数多くの皆さんが行動に参加することを私たちは求めています。(準備を進める上で)時間が重要な要素になりますが、皆さんの提供する貢献を私たちは喜んで受け入れたいと思っています。皆さんの存在は私たちの活動で重要な位置を占めています。そして皆さんのこれからの協力を期待しています。

これほど多くの光が地球に引き寄せられているのを見て私たちは喜びが心にあふれる思いです。それは皆さんが地球の進歩に時間を捧げてくださっている証だと感謝に耐えません。今も次々に多くのソウルたちが自分が地球上で果たす使命に目覚めつつあります。これはもちろん人類が上昇する計画の一部で、スピリチュアルハイアラーキーの決定によるものです。ライトワーカーとしての資質を持つソウルたちはこの二元性の特別な時期を選んで転生してきています。まだライフプランに目覚めていないソウルもいますが、あらゆる体験を通して彼らは自分の使命に気づくことになります。もしあなたが、「自分には何かするべきことがあるのにそれが何かわからない」と感じているのなら、自分の生活の中にそのサインが現れるのをただ待っていてください。よく準備して気をつけていてください。あなたが人生で果たすべき役割を見つけ損なわないように・・あなたの果たす役割は必ずしも高いスピリチュアルなレベルではないかもしれません。善良な意志に基づく人々が奉仕する必要性には広範な分野が開けているのです。他者に奉仕する行為は常に自分を捧げる行動の根本に由来するものなのです。

善良な意志はクリスマスが及ぼすような効果を発生します。そして他者への無条件の愛は地球の波動を高めていきます。これから新年にかけて地球の波動の高まりが続くと期待をしています。そして皆さんの闇の勢力からの解放の実現が一層早まると信じています。これからの1年間はこれまでに皆さんが体験したことのないようなすばらしい年になります。喜びと幸福があふれだす毎日が続くのです。コントロールと支配の古いやり方から解放されたやすらぎで地球にユートピアの波が広がっていきます。私たちもその祝典に参加して、皆さんと銀河連邦が一体化することになります。そして私たちは二元性の旅を終了してアセンションへの道へ共に進むことになるのです。

これまでに皆さんの成し遂げた壮大な事業を振り返りながら、これから新しい旅が始まろうとしています。これまでくり返してきた多くの転生を思い出す必要はありません。それぞれの転生はすでに完了して過ぎ去ったものだからです。皆さんは今旅をすべて終えた者としてここにいるのです。そして自分を完全な拡大した意識として表現する者として・・皆さんが学んだことは潜在意識のレベルで記憶されることになります。そうすることで皆さんは大きく成長するのです。さらに大きな飛躍が皆さんの進化に訪れようとしています。二元性の世界に訪れる直前の状態に皆さんは近づこうとしているのです。

親愛なる皆さん。思いだしてください。皆さんが創造主の元を離れたのは創造の源から切り離された試練を体験するためだったのです。皆さんは創造主とのつながりを見失い人生の目的を求めてさまよってきました。不安定さから生ずる不安に脅かされてすべてのものとの一体感に気づかずにきました。今真実が明らかになって、疑惑と誤解の時代は終わろうとしています。永遠で不変の創造主とつながりながら・・

これから皆さんに訪れる幸福な体験のすべてが高次元ですでに実現しています。すべては地上ではめったに体験できない光による祝福を受けています。変化は突然に訪れて皆さんは闇の時代から一歩を抜け出します。そして自分たちが新しい光の次元に完全に入ったことに気づくはずです。それは皆さんがくぐり抜けてきた大きな試練の最後を飾る喜びのフィナーレとなるでしょう。もしあなたが今苦難を体験しているのなら、ぜひこれからすぐに起きることを思い浮かべてください。これまで長い困難を耐えて上昇への努力をあきらめなかった皆さんへのご褒美がこれから待っていることを・・

私はシリウスのサ・ルー・サ、皆さんと共に私たちもお祝いをしたいと思っています。私たちの毎日は無限の創造主への感謝と奉仕に捧げられています。
ありがとう、サ・ルー・サ(マイク・クエンシー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クリスマスで出かけるために12月30日までメッセージをお伝えできません。スペースファミリーと親愛なるソウルの皆さんに私から祝福の言葉をお贈りします。楽しいクリスマスをお過ごしください。そして新しい年が私たちの夢の実現する1年となることを祈っています。
愛と光をこめて・・マイク・クエンシー
23-DECEMBER-2009 SALUSA
プロフィール

ロトっち

Author:ロトっち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。